今日は、とうとう言ってしまいました。

現在、競合コンペの最終段階となっているクライアント様に対して、、、、

最終模擬授業後の質疑応答の時間に、

私たちは、日本人のようにきちんといろんなことが出来ないんです。たとえば、

そのような要求をしても、うちの従業員は、きちんと立っていられない。疲れるか

ら、、、っていいます。

無駄な話をするんです。どうしたらいいですか?

人の話をきちんと聞かず勝手なことをするんです。それから、、、、、延々続く。

 

本当にサービスを変えたいと思っていますか?

店長クラス以上が参加しているこのミーティングでさえ、どうして話しを聞かず、隣と

無駄話をしているのですか?そんな人の言うことを誰が聞きますか?

 

リーダーの変えるという強い思いと自覚と、日々の見守り、声がけ、ほめる、わかるご

褒美をあたえる この繰り返しをすれば必ず変化します。

それらを自らの怠慢から注意もせず、見逃し、「出来なくても仕方ない」とあきらめて

いるから、いつまでたっても変化しないのです。だから、「差不多」のままなんです。

※「差不多」 中国語で、チャープトウと発音。

良くも悪くも、適当、まあまあ、ゆるい、そこそこというニュアンス

そこでお金さえ出せば、マナー会社に頼めば、なんとかしてくれるそう思ってるん

じゃありませんか?甘い!!!

なんとかしてもらおう!ただ助けて助けてと言われても、無理です!!!!

変わる努力をするのは、あなた方一人ひとりですよ。

もし本当に変わりたいのなら、私どもは、全力でバックアップします。

 

という言葉を、お客様に対して言ってしまいました。

とうとう言ってしまった。。。

 

この間、約30人前後の人がいましたが、室内は静まり返り、私の言葉も止まらない

止められない。文章に書いた言葉に、誇張はありません。

今にして考えると、ちょっと怖いですが、、、(汗)

 

でも、ずっと言いたくても言えなかった私の心の叫びだったと思います。甘えるな!

何かを変えたいと思うならば、それは個人の意思以外の何物でもない。

と私は思います。

私どもはただその気づきを与えるだけしかできないのです。

はたして、桜は咲くか?散ってしまうのか?