中国流 「聞くは〇〇の恥、聞かぬは〇〇の恥」

あれれ?聞くは一生の恥、聞かぬは一時の恥

 

立秋を過ぎて急に涼しくなりました。

 

ここ上海は、夏が終わるとすぐに冬になる。

冬が終わるとすぐに夏になる。

といった極端な気候で、ほんの一瞬だけ、心地よい春としっとりした秋が

訪れます。

今はまさにその貴重な短い秋です。

今日は研修で遭遇した面白い話のご紹介です。

研修を依頼されたときに、「わからないことはわからない」と言うよう

に、「わかったふりをして、勝手な自己判断に困っている」とのことでし

たので日本語が堪能な受講生向けに、こんなクイズを出してみたところ

「聞くは一〇の恥、聞かぬは一〇の恥」

 

考えた末に出てきた答えは。。。。

「聞くは一生の恥、聞かぬは一時の恥」 ううん。そうね!

アレ???ちょっと待って、、、、おかしいわ、、、

一瞬ご名答と思ってしまいましたが、「逆だわ、これ。」

全員で真面目に考え、

自信を持ってだしてくれた答えでした!

外国人と付き合うということ、文化の違い人と仕事をするとき、

本当にこの違いを楽しめると対応も違ってきます。

 

いずれにしても、「これが正解」なんてどこにもないかもしれないから、

文化の違う人同士、自分の固執をいったん取り除き、ニュートラルに相手

の話に耳を傾けることが大切だと気づかされた研修でした。

私をまた勉強させてくれてありがとう。

いわむらけいこ