お財布がいらない、お金を触らない毎日

最近、私の生活は、お金を触らないそんな生活になっています。

そういうと、私の隣には「お金を払ってくれる人」がいる?という嬉しい状態でもなく、

ただただ、キャッシュレスで「事」が済むことが多くなって、銀行から下ろした現金はほとんど減りません。

本当に、お金が減らないなら、もっといいんだけど。

今、私が手放してはいけないものは、携帯電話と家の鍵。

この2つさえあれば、ほとんどのことが済んでしまう。

レンタル自転車、地下鉄、バス、タクシー、コンビニ、その他多くの商店 携帯電話に支配されたかのような

毎日、あまり「きれい」とは言い難い100元札以外の紙幣を触らなくてもいいのは、確かにありがたい。