トイレ事情は民度の物差し 知らなかった!!!!!

トイレって、民度がわかる場所だと思いませんか?

上海は中国の中でも、もっとも文化レベルの進んだ街だと思うし、とても清潔感、高級感のあるトイレもずいぶん

増えてきました。でもでも、現実はとんでもない使い方がされている場所もあって。

5Sなどのトレーニング内容で、いつも疑問に思っていたのが、やっと謎が解けたんです!!!!!

洋式トイレになぜ未だに、便座に上って、和式のように用をたすか?

それは、、、

便座に座るものだと自分は知っているけれど、知らない誰かがその便座の上に靴で上がっているかもしれない(怖)

と思うと、自分がそのうえにお尻を乗せられないんだそう。

それを聞いて、その気持ち、わからなくもないな!って思えて。

なぜなら、日本に水洗和式トイレが普及し始めのころ、水を流すバーが床から10センチくらいのところに設置されていて、

足で押すのか、手で押すのが、、、悩んだことがあったなぁ。

その後50センチくらいの高さに引き上げられたのですが、それとて、また微妙な高さでして(汗)

結局私も、「念のため」足を使って流してました(ついにカミングアウト)

その心境なんだと。

ついでにもう一つ。

「トイレの蓋は使い終わったら閉めるもの」と教育された私にとっては、なぜ蓋を閉めないの??????って単純な疑問

をずっと思っていました。ただただ「だらしないのかな?」って。

実際は、使った後に汚い時に、蓋を閉めるのだそうです。

まさに、「臭いものには蓋をしろ!」ってことらしいです。

安心して使えるトイレが、使える人がたくさん増えますように、、、、、

では、また。